断酒の先に光が見える………………(−_−;)かな?

3週間、3ヶ月、3年後の私へ、断酒の決意を忘れない様に。

年末年始、街にはZQNが溢れる。

 

 今日は日曜日なので料理はお休み、ピザを取って、息子と食べています。

 

年末の忘年会シーズンで、飲める人がうらやましくなってきて、「和食と日本酒〜」いいなあと思ってしまい、甘酒(麹から作った完全にノンアルコールのもの。酒粕から作ったものはアルコールが1%ぐらい入っているので飲んではダメです。)でも飲んでみようか?といくつかの商品を試してみたところ、大変に美味しいのがありまして、日本酒飲みたい気持ちも治まりました。甘酒は飲む点滴と言われるぐらい、栄養価、栄養の吸収が良いらしく、健康にも良さそうです。

 

ところでこの前レンタル店で、「アイアムアヒーロー」を借りて鑑賞しました。原作漫画も好きですが、映画も良くできてました。このお話に出てくるゾンビはZQNというのですが、人間が噛まれて感染するシーンで、頭がおかしくなっていく描写があって、あの感じ、どこかで見たことがあるなと思って、「ああそうだ、酔っ払いに似ているんだ。」と気がつきました。

 

映画評のサイトに、映画を観た後で、街で酔って千鳥足の人を見かけて、一瞬恐怖を感じたという感想があったのですが、それは当たらずとも遠からず、あまりにも見慣れているから何も感じないけれど、頭がおかしくなる事は、酔っ払いとZQNは同じですからね。まあ、酔いは一旦覚めるけれど、習慣性があって脳や体を悪くするので、長い目で見たらやはり恐ろしいのです。

 

やっぱり、忘年会で飲む人なんかうらやましがらずに、年末年始も不飲酒で、スッキリと過ごします。

気づきと継続

f:id:spica117m:20161027214022j:image

またもご無沙汰しています。なかなかブログが更新できません。最近変わった事といえば、9月末からレコーディングダイエットを続けて少し痩せました。後は11月の始めに旅行の予定で、皆飲むんだろうなあと、今から遠い目になっています。


この前新聞の付録雑誌のダイエットの記事を読んで、なるほどと納得したのですが、その記事ではうつ病の治療等で使われる認知行動療法を応用する事を勧めており、まずは自分に思い込みがないか検証してみる事。(例、体質だから痩せるわけがないとか) 次に長い目で見る事。1週間や2週間やってみて、体重が減らないから、嫌になってやめてしまう事が無いように、結果ではなく無理のない範囲で行動を変えてみる。何度か挫折しても気を取り直して3ヵ月、半年続けてみる。


これって断酒にも通じる事ではと思いました。ただ、断酒の場合は、スリップについては厳しく考えた方が良いと思いますが。アルコールは中毒性が強く、何回もスリップを許してしまうと、断酒ができなくなる事もあるからです。


こんな偉そうな事を書いていても、私も何のきっかけで断酒をやめてしまうかもしれませんが、断酒もその他の事も長い目でみてがんばろうと思います。

罠に御用心

f:id:spica117m:20160930110219p:image
飲酒欲の秋、危険があぶないので、しばらくはこまめにブログを書いて、自分をいましめようかと思います。

 

ここ一週間おからでダイエットをしています。おからダイエット、だいぶ前に流行ってましたね。一周まわって今が旬?夕食をおからプラスヨーグルト、インスタントスープなどに置き換えています。これが腹持ちが大変良い。朝までまったくお腹が空かない。しばらく続けられるといいなあと思います。

 

改めて、断酒継続のモチベーションを上げる為に、飲酒をやめて一番よかった事ってなんだろう?て、考えていたんですが、やはり、睡眠が改善された事が一番よかったかな。晩酌すると適量飲酒なんか絶対にできないので、気絶したように眠って朝の目覚めは最悪でした。飲酒量の最低ラインの発泡酒1850mlで済んだ翌朝でも(それでも充分多過ぎですが。)神経がピリピリする嫌な感じがありました。神経の嫌な感じが一日中ずっと続いていましたね。どっと落ち込んで鬱っぽくなり、神経がイライラして躁状態になりでした。

 

飲酒は、飲み始めは確かに気分が上昇して気持ちいいのは間違いないです。その後2,3時間は楽しいです。でもその後が最悪。しかもその楽しさも先日もブログに書きましたが、ドーパミンが出ているから、脳が麻痺しているからで、酔いが醒めればドーパミンが落ちて、鬱状態になって、負のスパイラルに陥る。飲酒はネズミ取りみたいな、わかりやすい罠だとイメージするとよいかもしれません。飲まない幸せには派手さはないけど、ほっこりとした幸せがあるんだなと再確認しておこうと思います。

この季節はあぶないかも…

f:id:spica117m:20160925143018j:image

とんこつラーメンおいしいのね。( ^ ^ )

 

ご無沙汰しています。spicaです。

最近、とんこつラーメンにはまっていまして、会社の帰りにしょっちゅう食べていたら、お腹のお肉がどんどん増えてしまい、週末からダイエットを開始しています。

 

どうも秋口は、私にとって恐ろしい季節の様です。

先日、飲み会がありまして、もちろん飲まずに参加しましたが、つくづくと美味しい和食には、お酒が欲しいな〜〜。と思ってしまいました。

 

夏場はそんなことは考えないのに、去年も、この季節に同じことを考えていましたから、私にとって、秋は食欲の秋、飲酒欲の秋なんでしょう。

 

でも実際、飲むとなると考えてしまう。飲酒して脳が麻痺するのは気持ち悪いな〜と思ってしまう。手足が麻痺してうれしい人はいないのに、脳を(一時的とはいえ)麻痺させるのはこんなに好きなんですから、やはり飲酒文化はおかしいです。皆さん、脳がヤられてますよ。

 

美味しい和食には、美味しい日本茶とゴハンが一番ですね。でも食べ過ぎないようにしなくちゃ。(・・;)

思い込みじゃないの?

お盆です。断酒チームの私たちにとって、正月と並ぶ危険なウィークですが、何の相手に取って不足なし! 余裕でかわして夏を乗り切っちゃいましょう。

 

ところで、私はいい歳をして結構アニメオタクですが、今期放映中のアニメ「はんだくん」を観ていてふと思うところがありました。

このアニメの 主人公のはんだくんは、被害妄想が強くて、学園の人気者なのに、本人は嫌われ者と思い込んでいます。そのギャップが巻き起こすドタバタコメディで、内容的には、かなりゆるい、あまり考えないで観れる作品なのですが、

 

私は、アニメは極端に描いているけれど、この「思い込み」って、皆大なり小なりあるよなーって、思ったんです。

 

断酒チームの私たちは過去に一度は「お酒」にとらわれ、辛い思いをしています。寝ても覚めても「お酒、お酒、お酒」ととらわれてきて、断酒を継続していても、「お酒」の亡霊がいつ顔を出すか、戦々恐々としているのが本当のところです。

 

でも、お釈迦様の教えでは人間の考えはほとんどが思い込みらしいので、断酒継続していく中で、お酒の呪縛が薄れて「あれは一体何だったんだろう?」と、悪い夢から覚めた気持ちも体験出来ているのではないでしょうか?

 

人の気持ちは揺れ動くものだから、一時期、悪夢から覚めた気持ちになっても、またお酒の呪いが蘇ったりしながら、過ごしていく訳です。

 

そういう毎日の中で、最近どうもモヤっとするなあ〜と感じたなら、心の中で、「それって思い込みじゃないの?」と自分に聞いてみるのも良い方法かも知れません。

いつでも運転できるっていいですよ。

f:id:spica117m:20160730102659j:image

昨日は夏季休暇を取ってお休みしていました。今日は土曜日出勤ですけどね。(ノ_-。)

うたたねしては起き、の繰り返しで夜になってしまい、お歳なのね、お疲れねって感じですが、21時も過ぎて、テレビで「ゴジラ」を見ながら、「う~ん、物足りない。」と、近所の24時間営業のスーパーに車で出かけて、安いアイスをたくさん買い込み、うちに帰って、テレビの続きを見ながら食べました。(1個だけにしときました。(・ω・)b  でも、太る。)

物足りないからって、お酒を飲みたいとは思わなくて、最近はお酒を飲んでラリパッパになるなんて嫌だ。と思う様になっています。(もちろんそのうちまた飲みたくなるかもしれませんので油断はできませんが。)

もしお酒を飲んでいたら運転できませんから、こうして好きな時間に運転できるってすごい自由な事だと、改めて実感しました。いつでもしらふって、いいですよね。夜も良く眠れるしね。

腸腸腸いい感じ♪

f:id:spica117m:20160717120841p:image

日本昔ではない話。(やや尾籠なので、閲覧注意して下さい。)

つい最近の事じゃった。アルコール依存性で断酒をしておるおばさんが、健康診断でバリウムを飲まされてしもうた。

 

(; ̄O ̄)○○を出さねば、出さねば!おばさんは焦ったのじゃった。このままではお腹の中にダビデ像ができてしまう!お腹の中ではデッサンも出来んじゃないか。

 

プルセニドという下剤を飲んで、ヨーグルトや、野菜も沢山食べて、そして久しぶりのピー、来た来たこれ、ktkrじゃ〜。(*゚▽゚*)やんややんや!

 

しかしこの感じ覚えがありました。断酒前はしょっちゅう、ピーだったのです。仕事先でもお腹が痛くなって、トイレに駆け込む毎日でした。断酒後はその様な事もなくなり、外出先でも安心できる様になったのです。

 

思えば異常な事をしていたものです。しかしアルコール依存性は異常さが自分では分からなくなってしまう病気です。断酒を続けてやっと気が付く様になる。今はお腹の調子も安定しています。断酒も安定と行きたいものです。